自然治癒力を使いましょう

微笑む女性

負担の少ない治療です

がんの治療において、摘出手術や抗がん剤治療はリスクや副作用の影響があります。がん患者にとってこのようなリスクと戦うよりも、安全に回復できる治療法を期待されています。その一つに免疫細胞療法があります。これは人間の自然治癒力を使った治療法です。体内には毎日数えきれないほどのウィルスやがん細胞が体内に侵入しています。それでも日頃から体調を崩さずに生活できているのは、免疫細胞が体内を常時見張って、撃退指示を出しているおかげです。免疫細胞療法は体内に侵入してきたウィルスやがん化した細胞を見つけ出し、撃退できる機能を備えています。これをがん治療に取り入れる事で、見つけ出すことができないがん細胞を自分の細胞を使って調べ出すことができます。

リスクを回避しましょう

免疫細胞療法の一つに樹状細胞療法があります。樹状細胞は皮膚をはじめ、体内の至るところに分布しています。活動的なこの細胞はがん化した細胞を見つけ出すと自ら近づいていきます。そして、木の枝のように手を伸ばしてがん細胞の一部を取り込み、その細胞の特徴を分析します。がんの特徴がわかると直ちに撃退するために攻撃力の備わったリンパ球へ指令を出すことで早い段階でがん細胞を撃退していきます。レントゲンなどの画像検査では見つけられない部位での発症や、他の臓器と複雑に絡み合ったがん細胞は摘出できない場合もあります。この免疫細胞療法を活用することで手術のリスクが回避され、体力のない高齢者にも適応できる治療法となります。これから更なる研究成果から多くの人に適応できるよう開発が進んでいます。