従来の問題を克服

患者

大注目の最新治療

NK療法とは最新、且つ、大きな注目を集めている、がんの治療法です。今後、がんの標準治療に加わるのではないかと言われています。NK療法のNKとは、ナチュラルキラー細胞のことです。ナチュラルキラー細胞は免疫細胞の1種なのですが、数種類ある免疫細胞には、それぞれに特性があり、ナチュラルキラー細胞の特性は、がん細胞に対して強い傷害活性を示すことです。NK療法は、このナチュラルキラー細胞の特性を活かし、ナチュラルキラー細胞の能力を高めて、がん細胞を撲滅してしまおうという治療法になります。具体的にどうするのかというと、まず患者の体内からナチュラルキラー細胞を取り出します。そして体外で増殖、活性化させた後、再び患者の体内に戻します。

体に優しく、副作用がない

NK療法が注目を集めている最大の理由は、体に優しく、副作用がない治療法だからです。このことは、がんの標準治療の問題点を克服しているわけですから、注目が集まるのは当然のことだと言えます。どうして、NK療法は体に優しく、副作用がないのかというと、体内からの出し入れがあり、また、増殖や活性化が行われるにしても、使用するのは、あくまでも患者本人のナチュラルキラー細胞だからです。従って、患者の体が拒否反応を示すことはありませんし、それどころか、体に負担がかかるということもないのです。がん患者は辛い闘病生活を強いられることが常といっても過言ではない状況ですが、NK療法ならば、そういったことはなく、しかも、がんも克服できるのです。